www.bulava.info

基本的に、ある人が破産を申請するまでの間では借金のある本人に対する電話による返済請求と、その人の自宅への訪問での収集は法律無視ではないと考えられます。とりわけ、自己破産申請の手続きに入ったのち実行までに時間が費やされてしまった場合では債権保持者は無理な返済要求をやってくる可能性が上がります。債権者サイドにとっては払込もせずに、さらに破産などの対処もされない状態であれば会社の中で完結処理をなすことが不可能だからです。他にも過激派は有資格者に助力を求めていないとわかると強硬な締め上げ行為を繰り返す債権者も出てきています。司法書士団体や弁護士団体に相談した際には、各債権者は当人に取り立てを続けることができません。SOSを受諾した司法書士法人か弁護士法人は業務を請け負ったと記載した通達を各取り立て企業に送付することになり、各取り立て屋がその書類を見たならば債務者は取り立て企業による危険な返済要求から逃れられるということになります。業者が職場や親の自宅へ訪問しての取り立ては法律のガイドルールで禁じられています。貸金業の登録が確認できる会社であれば職場や親の家へ訪れての返済要求は貸金に関する法律に違反するのを知っているので伝えてしまえばそういう類の返済請求を続行することはないと思います。自己破産に関しての申請の後は、本人に向けての返済要求を含め、例外なく収金行為は禁止になります。だから債権者からの支払い要求行動がきれいさっぱり音沙汰なくなることになります。しかし、ときには違法と知りながら連絡してくる取り立て企業も存在しないとは断言できません。事業として登録している企業ならば自己破産の手続きの後の収金が借金に関する法律のガイドに違反するのを知っているので、言ってしまえば、取り立てを続行することはないと考えます。しかし闇金融と呼ばれる不認可の取り立て業者についての場合は範囲外で法律無視の集金などが原因の事件が増え続けているのが今現在の状況です。違法金融が取り立て業者の中にいそうな場合にはどんなときであれ弁護士事務所および司法書士などの専門家に依頼するようにするといいと思います。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bulava.info All Rights Reserved.