例外なくたとえばトヨタやなど

重量税は国産車でも海外の車など愛車の生産国やハッチバック、ハイルーフ車というような自動車のタイプに例外なくたとえばトヨタやなどにも当たり前に掛かってくるものです。メルライン

新車登録をするさいまたは車検の際に支払う必要があるものなのです。

この支払金額はクルマの重量で決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」では全然異なる税ですから勘違いしないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものは車の重量で」「自動車税とは自動車の総排気量によって」その金額が変わってきます。

買取する時の扱われ方違いますし注意しなければなりません。

自動車を売却するときには支払い済みの車の重量税がどれだけ残っていても、その金額が戻ってくることはありませんが、一方で自動車税の場合は既に支払った税金を買取額に乗せてくれるといった事例がありますが重量税に関しては上乗せしてくれるという場合はほとんどないのです。

重量税というのは、いくら納付済みの税金が残存しているからと言って車の買取専門店でそのことが配慮される場合は少ないです。

ですので次の支払いつまるところ車検まで処分するのを少し保留し査定に出すという方法が無駄がないと思います。

自動車の買い取りの際は還付の対象にならないのが重量税ですが特定のケースでしたら返還されることがあります。

というのは、車検の効力が残っている車を廃車処理する場合。

廃車申請をした場合、残っている車検期間に応じた額が返金されます。

ただし、車の買取の時はそのクルマが廃車になるのとは違って返金されません。

それから車の名義変更をした時や盗難被害に遭った時なども還付を受けることは不可能です。

自動車重量税が残っている車を買い取るイコールつまり車検期間が残っているクルマということと同じです。

それを買取側も配慮しますから、重量税が残っていればそこそこ査定額があがるでしょう。

勿論、買取額は店によってまちまちなのですが車検がまだあることを計算に入れてもらえば、クルマの買取額と比較するとそんなに損をするということもありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.bulava.info All Rights Reserved.