両方が直接的に協議します

自動車での事故が起こった状況で、自らが事故の被害者であったとしても向こう側が責任をこれっぽちも容認しないという事例は多数存在します。

例をあげれば、しようとしてではなく注意散漫で相手の自動車をぶつけられた時に、そうした争いになる可能性がありがちです。

かといってその場で物損として片付けられ、時間が経って症状が出た時に参考になる診断書警察署に出すというのは後手後手に回る感じは否めません。

それなら、自動車事故の過失割合はどういう認定基準が設定されているのでしょうか。

きちんと説明しますと、警察が決めるのは核として交通事故の大きな手落ちが認められるのはAかBかということであり割合ということではありません。

その上、決定された事故の責任者が教えられる事はケースは全くありません。

従って、「過失割合」は当事者のやり取りの結果によって決定されその結果が賠償額の算定基準となります。

この場面で、当事者同士が自動車任意保険に入っていなかった場合には、両方が直接的に協議します。

当然ながらこの方法では、感情に走った応報になる場合が存在します。

これに加えて、互いの言い分が平行線をたどれば悪くすると、裁判沙汰にまではまり込む、この場合多くの時間とコスト甚大な損害です。

ほとんど各々の当事者に付く自動車の保険屋さん、そういったそれぞれの保険の会社に協議を委ねる措置で、過失の割合がどうなのかを落ち着いて決定させるのです。

そういった際には、自動車の保険の会社は前の自動車の事故の係争の結論から決められた認められた基準、判断例などをたたき台として、推測と協議を交えて過失割合を決定します。

そうは言っても事故においては遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかに関わらず最初に警察を呼ぶのが原則です。

その後で自動車の保険会社にやり取りしてこれからの対応を委任するのが順番になります。

その順序さえ知っておけば、当事者同士の無意味な協議となるケースを回避できるに違いありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.bulava.info All Rights Reserved.